2012/01/09

映画「タクシードライバー」のワッペンとバッジ

映画「タクシードライバー」で、ロバート・デ・ニーロ扮する
主人公トラヴィスが、M-65ジャケットに付けていたワッペンやバッジをご存知ですか?



あまりに格好良いので、調べてみたところ
ベトナム戦争での架空の部隊のワッペンを映画用に作ったそうです。

バッジは、作中に出てくる大統領選挙を皮肉ったものです。


これを、大阪の有名ミリタリーショップ「MASH」が復刻しているのです。
なんでも、「MASH」のスタッフがわざわざニューヨークまで行って
映画で実際に使われた物から描写したそうです。そこまでする徹底ぶり。


これがそれです。
「“King Kong Company”パッチ」



“Para. Wing”パッチ


 
“We Are The People”バッジ」 



この三つをM-65に付ければ、誰でもトラヴィスになれます。
ちょっとしたコスプレですね。
モロなミリタリー物にはちょっと抵抗あるけど、これだったら着てみたい。


もし、トラヴィス仕様のM-65を作るならば
ボディは必ずアルミジップ&ショルダール-プ付きの2ndモデルを使ってほしいです。
http://www.mash-japan.co.jp/topics/m65/index.html



マッコイのレプリカモデル(¥63000!)を買うのは個人的には良しとしません。


 

0 件のコメント:

コメントを投稿